北の富士の和服と解説
令和も絶好調!


私は両国国技館が近所なので、日常的に力士をよく見かけます。

スーパーで買い物をしている力士のカゴの中をのぞいたり、

混雑した電車の中で、力士の背中の筋肉にこっそり触れたり、

そんなことを日々のささやかな喜びとしています☺

白鵬と稀勢の里が全盛のころは、よく国技館に観戦に行っていましたが、

最近はもっぱらテレビ中継で、北の富士さんの解説とファッションチェックを楽しみにしています。

いつもおしゃれな北の富士さん。

和服も洋服もどちらもステキですが、

華と色気のある粋な和服姿にはファンも多いです。

昨日の名古屋場所千秋楽の北の富士さん

北の富士 解説

いつだったかピンクの浴衣をお召しだったときは、放送終了間際に、

「それよりも、今日はピンクの浴衣を着ていたから、落ち着かなかったな、恥ずかしいな」

と、取り組みよりも自分の装いに気を取られていたという不真面目さがまたチャーミングです。

昨日の千秋楽では、

なぜ石川県出身の力士は笑わないのか

という疑問を投げかけていました。

この日一番の白熱した取組みをみせて、二桁の白星を挙げ、技能賞を受賞した遠藤。

しかし、インタビューではいっさい笑わず、始終、苦虫を噛み潰したような渋い表情で受け答えをしていました。

そのインタビューあけの会話。

北の富士:笑わないな。炎鵬(えんほう)もそうだし輝(かがやき)も。ぜんぶ石川県出身だな。

大坂アナ:はい

北の富士:笑っちゃいけないの? 県民性なの?

大坂アナ:いや、そんなことはないと思います。三人とも笑顔が素敵な力士です。

北の富士:じゃあどっかで笑ってるんだね?

大坂アナ:それはもちろんそうです。

北の富士:まあ男はそのくらいの方がいいな。俺らみたくチャラチャラしとったらダメだ

大坂アナ:すみません、わたくしも入っているのでしょうか

北の富士:ふははは~

大坂アナ:さ、制限時間いっぱいです

息ぴったり尺ぴったりの、おじさんたちの掛け合いが最高に面白いです。

ちなみに、炎鵬は今大注目の小兵力士。

炎鵬

初々しい!

幕内に昇進して2場所目にして9勝と勝ち越し、技能賞を受賞しました。

そんな炎鵬に北の富士さんが送った一句。

「炎鵬が 大きく見える 夏の空」

「駄作です」と謙遜しています。

小兵力士を贔屓にしている北の富士さんは、中でも宇良(うら)が大のお気に入り。

「宇良が休んだら、俺も休もうかな。

宇良がいるのといないのでは、場所の楽しみ方が私は違ってくる」

というほど。

今場所は、宇良が初日から休場だったので、北の富士さんがちゃんと解説に来るか心配でしたが、

「宇良どうしてるかな」とぼやきつつも

ちゃんといつも通りのキレのいい解説をしてくれて安心しました。

来場所は宇良が復活して、

さらにノリノリの北の富士さんの解説を期待したいです。

いつも応援のクリックありがとうございます♡
励みにさせていただいております。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする