琉球花織で上野へ&
三代田畑喜八の着物に遭遇

  
先週、「美を紡ぐ 日本美術の名品」展に行ってきました。

琉球花織

上野の東京国立博物館は、ヨーロッパのような建築様式でとてもステキです。

東京国立博物館

埴輪がかわいい♡

埴輪

絶品の上野パフェ♡

琉球花織

母からもらった琉球花織をマイサイズに仕立て直して初おろしでした♡

仕立てはお願いしてしまいましたが、たとう紙をひらいてピカピカに誂えられた着物を目の前にする瞬間というのは、最高ですね☆

すごく久しぶり。

自分で仕立てると、出来上がるころにはすでに3年分くらい着た気がして、ちょっと飽きています😅

あと、たまたま「日本染織作家展」という企画展がやっていて、

と~~ってもステキな振袖が展示されていました。

撮影禁止でしたが、帰ってから調べたら、人間国宝の三代田畑喜八の有名な作品だったみたい。

この本に載っていました。

すばらしいです。実物を見ることができて、とても幸運でした。

もともと日本画の素養があるそうで、本には友禅染の下絵がたくさん掲載されています。

この魚たちも着物になったのかな。

下絵の展示もやってほしいです✨

↓ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです😊
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする