着物の収納を本気で考えた【たとう紙も桐箪笥もいらないかも】

これから湿度や温度が上がって、カビや虫が発生しやすくなる時期。

取り返しのつかないことになる前に、着物の収納を見直してみました。

たとう紙に入れて桐箪笥にしまうのが一番いいのはわかっていますが、

マンションや洋式の生活スタイルではけっこう難しいですよね。

そもそも、着物や帯をたとう紙や桐箪笥にしまう理由は、

・通気性をよくして、湿気やカビを防ぐため

・しわを防いで、型崩れしないようにするため

この条件をクリアすれば、たとう紙や桐箪笥を使わなくてもOKということ。

そんなわけで、たとう紙や桐箪笥を使わない収納方法をためしてみましたよ♪

とても使い勝手がよかったので、その方法と収納アイテムをご紹介します。

 たとう紙や桐箪笥を使わない着物の収納方法

1.プラスチックの衣装ケースに収納する

よく聞く収納方法ですが、衣装ケース選びにこだわってみました。

重視したのは次のポイント:

・三つ折りにした着物がおさまるサイズ

・着物が取り出しやすいようにケースの高さは低め

・上に積み重ねられる

・十分な耐荷重

・販売終了にならない安定したメーカー

特に重視したのは「耐荷重」

上に積み重ねてもケースがたわまず、引き出しがスムーズに動くこと。

今後も増えていくであろう着物や帯を考えたら、ここははずせません。

そして、上記の条件を満たしたのがこちらの「フィッツスリムカプチーノ」。

(上の画像をクリックすると商品ページが開きます)

『七緒』の収納特集で、染色研究家・伝統色彩士の吉田雪乃さんがこちらのケースを使っていると知り、決め手になりました☆
5段でお使いでしたので、耐荷重は大丈夫そう!

さっそく着物と帯を収納してみましたよ♪

着物と帯の収納 衣装ケース

着物も帯も、きれいに収まりました。

奥行に少しゆとりがあるので、ずらして見やすく収納できます。

目的の着物や帯をパッと見つけられるのがいいですね♪

念のため「ミセスロイドきもの用」も一緒に入れました。

(上の画像をクリックすると商品ページが開きます)

着物の収納 衣装ケース ミセスロイド

これで除湿&防虫も完璧♡

*ミセスロイドきもの用の防虫シートと除湿剤は、着物に直接触れてはいけないようなので、間に布や紙を敷いておくと安心。

2.トランク型衣装ケースに収納する

自分では使ったことのない商品ですが、

着物の収納用につくられたトランク型衣装ケースもよさそうでした。

着物の収納 トランク式ケース

ケースごと取り出せるのがいいですね。

こちらも『七緒』の収納特集に掲載されていた商品で、

実際にお使いの方は、これを3段つみかさねて、4ケース×3段=12ケースのタワーにしていましたよ☆

「上に重ねられて、取り出しやすいこと」

これは着物を着る人にとってポイントですね。

3.不織布のたとう紙でコンパクトに収納

クローゼットや押し入れに収納するのにオススメなのが、

不織布のたとう紙(たとう袋)


(上の画像をクリックすると商品ページが開きます)

以前から一部の着物の収納に使っていて、けっこう便利です。

着物の収納 不織布 たとう紙

ファスナーで3方開きになり、袷の着物が2~3枚入ります。

着物の収納 不織布たとう紙 ウール着物 

ウールの着物には、ミセスロイドきもの用をのせて防虫対策。

着物の収納 不織布 たとう紙

こんな風に二つ折りにして、重ねてクローゼットの棚にしまっています。

コンパクトになるし、着物が安定するので、出し入れもしやすいです。

☆☆☆☆

着物や帯を「守る」だけでなく、「使いやすくする」のも収納の役割。

収納の使い勝手がよくなれば、着る頻度が増えて、虫干しにもなって一石二鳥です♪

↓ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです😊
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする