レースの羽織を染めた話


そろそろ着たいなと思っている着物とレースの羽織♡

ツバメの着物 レース羽織

私の住んでいるところでは、つばめが全く見られません。

鳩とカラスばっっっっっかり!

このレースの羽織は、4年前に自分で縫ったものですが、実はもともと白でした。

白のレース羽織

当時、和裁教室から帰ってきて撮った写真です。

着たのはこの1回だけ。

ちょっと生成りがかった白で、着物に合わせにくかったのです。

そこで、このレース羽織を黒に染めました。

使ったのは、30度の低温で染めることができる

みやこ染のECO染料 コールダイオール NO18 ブラック と

色止剤 液状 ミカノール 50cc 綿 麻 レーヨンの色止め用

ブラックの染料を使ったのですが、その結果、、、

レース羽織 みやこ染ブラック

インディゴのような、くすんだネイビーになりました😮

黒に染めるのは難しいみたいです。

ヘナで髪を黒で染める際も、ヘナで赤茶に染めた上に、インディゴの藍をのせますよね。

でも、この黒になりきれなかった微妙な色のレース羽織は、

黒より涼しげで合わせやすく、夏の時期によく着ています。

思いがけない色になるのは、染色の楽しさなのかも✨

ちなみに、素材によって染まり方は変わってくるようです。

説明書にはこうあります。

よく染まる繊維:綿、麻、レーヨン、キュプラ、ビニロン

淡く染まる繊維:絹、ウール、ナイロン、ポリウレタン

染まりにくい繊維:アクリル、ポリエステル、アセテート

このレース羽織の生地は、ナイロン55%、コットン45%。

実は染めてみたい生成り色の単衣の紬があります。

ちょっとカジュアルすぎるので、濃い色にしてお出かけ着にしたいのです。

絹は淡く染まるとありますが、

ブラックで染めたらどんな感じになるかな。

すごくやってみたい♪

実行したらレポートしますね♪

縫ったり染めたり、よくやりますね😅

↓ランキングに参加しています。クリックで応援していただけると嬉しいです😊
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする