浅草寺に針供養に行ってきました♪

2月8日は針供養の日です。

(地域によっては12月8日のところもあります)

都内では4カ所くらいの寺社で行われています。

私は近所の浅草寺に行ってきました。

針供養は浅草寺本堂の向かって左手奥にある「淡島堂」という所で行われます。

折れたり曲がったりした針を

お豆腐にさして、手を合わせます。

「お疲れさま。ありがとう」

という感謝の気持ちと

「もっと技術が向上しますように」

との願いをこめて。

針はあとで土の中に埋葬されます。

午前中に法要も行われますが、

私は午後に行ったので、人もまばらでした。

それでも、次々と針をもった女性がやってきて、

慣れた様子で、お賽銭をいれて針をお豆腐にさし、

手を合わせて、いそいそと帰っていきました。

看板にこのように書いてあります。

針供養は、日頃使い慣れた針に感謝し、

柔らかな豆腐にさし、供養する行事。

かつては、この日に限り、

女性は針仕事をしない風習があった。

素敵な時代だなと思います。

心だけでもこの時代に生きたいです。

針のささったお豆腐に手を合わせていると、

バックパッカーのお兄さんに

「これはなんですか?針ですか?」

と、たどたどしい日本語できかれ、

私もたどたどしい日本語で、

「これは針供養といって、折れた針に感謝して、手を合わせるんです」

と答えましたが、あまり通じていない様子だったので、

「ニードルズデス」

(needle’s death: 針の死)

と言ったら、

「オ~」

と納得したようでした。

deathが無駄に発音よくなってしまい、

ものものしい響きに、、、

あとで考えたら、

ニードルズメモリアル

needle’s memorial

の方が良かったかなと思ったりして、

日本文化を正しく伝えられなかったことに

モヤモヤしました。

それにしても、小町通りと本堂周辺は、

観光客や修学旅行生で、人がすごかったです。

派手なレンタル着物に、大きなファーをしているので、

成人式のような晴れやかさ!

帰りは小町通りをさけて、

履物の辻屋さんと、

組紐の桐生堂に寄りました。

桐生堂にこんなかわいいものが!!

大島紬のタケノコと、絞りのツクシ!

(撮影OKです)

喧騒をはなれて、

ほっと和むひとときでした♪

↓読んでいただきまして、ありがとうございます(^^)
クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


<丸ぐけ帯締めを出品しています。よろしければご覧ください☆>

丸ぐけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする