エルメスのスカーフで
首元を美しく防寒
冬の着物コーディネート

カテゴリー 着物のコーディネート


冷え対策には、3つの「首」を温めると良いといいます。

3つの首とは、首、手首、足首。

 

これらは太い動脈が皮膚に近い所を通っているため、

ここを温めることで、効率よく体を温めることができ、

風邪予防や、血行促進、肩コリや頭痛の改善につながるとのこと。

 

 

ですが、着物姿においては、この3つの首は、女性らしさを醸す魅惑のパーツ。

布に覆われず、冷たい風が入り込む場所。

 

特に、風邪の入り口とも言われる首の後ろは、うっかり冷気にさらしていると、

風邪をひいてしまったり、頭痛になったり肩コリになったりするので、

冷やさないようにしたいですね。

 

 

スカーフでふんわり首元を防寒

首元の防寒対策としては、

ファーを巻いたり、大判ショールを首まで覆ったりするのも手ですが、

品のいいエレガントマダムな防寒テクニックを見せてくれるのが、

『女が階段を上る時』の高峰秀子さん。

 

冬の着物コーデはスカーフで防寒

女が階段を上る時 [DVD]

 

シルクのスカーフを三角に二つ折りにし、

着物の衿の形に合わせて、首元にふんわりと巻いて、その上からコートを羽織っています。

 

毛皮ともカシミアとも違う、

光沢のある繊細なシルクのスカーフが、とても品よくエレガント!

 

 

また、コートを脱いだ時に、

衿元にスカーフが残り、それをさっと滑らせて取り去るしぐさが、優雅でうっとりしてしまいます。

 

 

エルメスのスカーフと着物

高峰秀子さんのエッセイに、エルメスのスカーフに関する話があります。

堅実的なフランス人女性は、スーツのアクセサリーとしてスカーフのオシャレを楽しむ、という話。

 

「じゃ、また明日」

と別れる頃に、雨が降ってきた。

彼女は私と握手をすると、エルメスのスカーフで頭を無造作に包んで駈け出した。

「うわ、もったいない、それ絹でしょう?」

と叫んだ私に、彼女はキョトンとした目で振り向いた。

「大丈夫よ、家に帰ってアイロンすればピーっとなって新品に戻っちゃうから、高くってもトクよ」

その語気には、「エルメスともあろうものが、雨くらいでダメになられてたまるものじゃない」

という、ある厳しさが溢れていた。

(高峰秀子著『いいもの見つけた』)

 

マフラーやショールやファーに比べて、

実用性や耐久性では劣るけれど、絹のスカーフがもつ美しさは、他を圧倒する高貴な存在感がありますよね。

 

おなじ絹として、エルメスのスカーフは着物の衿元にとても合いそう!

 

エルメスのスカーフを羽織やコート類の肩裏に使っている方もいますよね。

脱いだ時に見える、ぜいたくなオシャレ。

私もいつかやってみたいな~と憧れます♪

エルメス スカーフ HERMES ソルド カレ 90CMS ツイル シルク100% GUEPARDS ホワイト/リコリス/ライトカーキ 29291

 

 

 

おうちでの冷え対策には、桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用がとてもいいですよ~。

蒸気でじんわり首と肩があたたまって、血行が良くなってコリが解消されるし、顔色も良くなります。

なにより気持ちいい!

レンジでチンして繰り返し使えるので、毎日朝晩使っています♪

 

 

寒くて肩が上がってしまうと、着物もきれいに着れないので、

首と肩は温めて筋肉をゆるめたいですね!

 

↓最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます(^^)
クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ