ハイドロキノンでシミは消えるか
めざすは色白美肌の着物美人!

カテゴリー 和装メイク

 

9月のある日、鏡を見て驚愕しました。

右頬にくっきりと目立つシミができているのです。

夏にUV対策を怠ったのが原因です。

 

それにしても、新参者のくせに古株のどのシミよりも濃く目立つのが気に入りません。

 

いそいでドラッグストアでケシミンを購入してつけてみたのですが、

いっこうに消える気配がありません。

 

敏感肌なのでちょっと躊躇しましたが、「肌の漂白剤」ともいわれるハイドロキノン配合の美白トライアルセットを試してみることにし、ここ1週間ほど様子を見ています。


肌への刺激に配慮した「新安定型ハイドロキノン」というものが採用されているようで、刺激は大丈夫でした。

 

シミは完全には消えていませんが、けっこう薄くなった気がします。

前に出すぎた新人が、分をわきまえて、一歩下がったといった状況です。

このまま消えてくれるといいな~。

 

「出るシミは打たれる」

「シミは新しいうちに打て」

ですね!

 

 

*ハイドロキノンは強い美白作用をもつ一方で、高濃度に配合されている商品や長期使用の場合には、炎症や白斑などの副作用が出ることがあるようです。

美白トライアルセットは低濃度のハイドロキノンなので被害報告はないようですが、念のため少しずつ様子を見ながら使用するのが良いかと思います。

 

~~~

 

さて、最近見た映画では、松本清張原作の映画『天城越え』(1983年)の田中裕子さんの真っ白な美肌に圧倒されました。

 

喫煙してても色白美肌

当時27歳くらい。

おしんの前に撮影された作品で、若いから肌がきれいなのは当然とも言えますが、

それにしても、むきたてのゆで卵のようにつるんとピカピカです。

*田中裕子さんが喫煙者かどうかは不明です。

 

 

ハの字のこまり眉に、ひとえのつぶらな瞳、筋の通った高い鼻、そして潤いのある色白美肌!

「日本美人の完成形ここにあり!」といったところです。

 

 

この物語は、家出をした14歳の少年が、天城峠で娼婦ハナ(田中裕子さん)と出会うなかで起こる殺人事件が題材にされています。

 

少年がハナと出会う場面・・・

その女は頭から手ぬぐいをだらりとかぶっていた。着物は派手な縞の銘仙で、それを端折って下から赤い蹴出しを出していた。その女はひどく急ぎ足だったが、妙なことに裸足であった。

(松本清張『天城越え』)

 

清張が女性の着物にこれほど造詣が深かったとは!

そして、そのセンスに脱帽です!

 

映画の中で、ハナの頭にのせた手ぬぐいがひらひらと舞う様子は、天城峠の情景や美しいピアノの旋律に絶妙に効いています。

その手ぬぐいが清張の発案とは驚き!

 

U-NEXTの無料トライアルで映画『天城越え』がご覧になれます。

*田中裕子さんの妖艶な美しさ、肝の据わった迫力のある演技は大変見応えがありますが、

ストーリーは悲痛な部分もありますので、精神が絶好調の方のみ視聴をオススメします。

ちらっと樹木希林さんも出演されています。

 

 

田中裕子さんも樹木希林さんも、お年を召してから若い頃とは違う魅力を発揮されて、独自の存在感が作品に味わいを与えていますよね。

 

 

ココ・シャネルの名言・・・

20歳の顔は自然からの贈り物、
30歳の顔はあなたの生き様、
でも、50歳の顔はあなたの価値がにじみでる。

Nature gives you the face you have at twenty. Life shapes the face you have at thirty. But at fifty you get the face you deserve.

 

とりあえずシミだらけの顔にならないように、スキンケアをがんばる。

 

 

↓最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます(^^) クリックで応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村