【和装ヘア】自分でできる着物の髪型
かぶせアップの作り方

着物の髪型ってほんとうに難しいですよね。

ふつうのお団子ヘアでは味気ないし、せっかく着物を着るなら、日本髪とは言わないまでも、和装ヘアでステキに決めたいもの。

本記事では、自分でも比較的簡単にできる「かぶせアップ」というスタイルをご紹介します。


着物の髪型のポイント

まずは着物姿を美しく見せるための、和装ヘアのポイントをおさえておきましょう。

ポイント1 大きな頭で首元をほっそり見せる

重い頭をほそい首がやっと支えているような、華奢な雰囲気を出すためにも、ヘアは大きめにつくりたいもの。

とはいえ、あまり大きいと、玄人さんみたいになってしまうので、そのあたりのさじ加減も必要ですね。

ポイント2 横顔の美しい毛流れ

和装ヘアの見せ場は、なんといっても横顔です。

一糸乱れぬ毛流れは、日本女性の黒髪の美しさをいっそう引き立てます。

ポイント3 ツヤやかな髪でエレガントに

髪にツヤがあると、自分も着物もいっきにグレードアップして見えます。
グレイヘアでも「ステキ!」と思う人は決まって髪がツヤやかですよね。

カラーリングなどで髪が傷んでいるなら、髪のダメージを回復させながら白髪染めもできるピアヘナがおすすめです。
使うほどに髪にツヤとボリュームが生まれますよ♪

かぶせアップの作り方

では、さっそく作り方を見ていきましょう。

かぶせアップというのは、ざっくりいうと、髪を上下に分け、下の髪で土台をつくり、上の髪を土台にかぶせるヘアスタイル。

着物の髪型

↑こんなのです。

作り方は以下の動画でわかりやすく紹介されています。

動画では、カーラーを巻いて逆毛をたくさん立てていますが、毛たぼでボリュームを出してもOK。

毛たぼ 日本髪 和装 sin4269-kim

自分の頭の形や毛量、理想とする形によって、毛たぼや逆毛の量は変わってきますので、調整してみてくださいね。

↓セットした髪をかためる際の整髪料は、美容師さんに教えてもらったこちらの商品がオススメです。

百日草/HYAKUNICHISO フォルメ 180mL スタイリングミスト【速乾性整髪料】

はじめはうまくできなくても、あきらめずに練習していくとコツがつかめてきます。

私は初めてチャレンジしたときは6時間くらい自分の髪と格闘しましたが、今は20分くらいでセットできるようになりました。

あきらめず、練習あるのみです!

かぶせアップの渦巻きアレンジ

かぶせアップのアレンジとして、毛先を渦巻きのようにくるっとさせる方法もあるようです。

大人な雰囲気でいいですね!

和装ヘアは、時間がかかるし腕も疲れるし、大変ですけど、あれこれ試行錯誤するのも楽しいですよね。

ステキな和装ヘアを目指してがんばりましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする