やってみたい
着物のペアルック♪
太地喜和子さん、ピーターさん

 

引き続き市川崑監督の『獄門島』(1977年)です。

太地喜和子さん演じる女将の同居人として、いつも顔を白くお化粧している謎の美少年が登場します。

途中まで気づかなかったのですが、演じているのはピーター(池畑慎之介)さんでした。

親子のように見えますが、まったくの他人。

分家の女将(太地さん)は、美少年(ピーターさん)を本家の娘と結婚させ、本家をのっとろうとたくらんでいるのです。

アクの強いお二人ですが、妙にお似合い。

よく見ると、太地さんはオレンジ系、ピーターさんは紫系で、コーディネートをまとめています。

半衿と着物と帯が、同系色。

オレンジと紫は補色の関係なので、色の相性はぴったり!

オレンジの着物に紫の帯を合わせるとかではなく、

1人はオレンジ、1人は紫、2人合わせてコーディネートが完成という、まさに”にこいちコーデ”。

デザインもアイテムも同じ着物だからこそできるペアルックコーデ。

ちょっとやってみたいです。

ところで、最近は着物を着る男性が増えていますが、

中には女性物の着物を着ている男性もいますよね。

若い男の子からおじさんまで、最初はビックリしましたけど、もう見なれてきました。

コスプレ感覚の人もいるのかもしれませんが、多くは女装家さんのようですね。

前に骨董市で、女性物の着物を着たおじさんが、柄物のステキな長襦袢を見ていらして、刺繍半衿もついていたので、

いいな~手離さないかしら~

と思って見ていたんですけど、どうやら買うことに決めたようで、

「ステキな長襦袢ですね」

とそっと声をかけてみました。

すると、わりとふつうのおじさんで話しやすく、いろいろ聞いてしまったんですけど、

その方は、襦袢にとても惹かれるようで、襦袢の衿元や袖口から肌が覗く姿が、色っぽくて好きなんだそうです。

女性の私よりきめ細やかに着物姿の美しさを捉えていて、すごいな~と感心してしまいました。

それを自分でやりたいと思うところが、女装家たる所以なのでしょうね。

恋愛対象は女性で、着物を着ているときだけ女性になるとのことでした。

女装のことは奥さんには内緒らしく、そのときは出張でこちらに来ていて、思い切り着物が着られて「やっほい♪」だったようです。

自分が奥さんだったら、まずはお化粧のしかたを教えてあげたい。。

着物はみんなのもの、ですね!

 ↓最後まで読んでいただきましてありがとうございます♪クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする