おばあちゃんの和装ヘアに憧れる!
『高嶺の花』金さん銀さん(かしまし娘)

カテゴリー 和装ヘア

現在放送中の『高嶺の花』。
華道の家元の長女に生まれ、圧倒的な才能をもつ月島もも(石原さとみさん)と、見た目も育ちも平凡な自転車屋の店主ぷーさん(峯田和伸さん)との格差恋愛ドラマ。

石原さとみさんの美しい着物姿は、前回の記事で紹介しました。

 

一方で、脇役陣の着物姿も味があって見どころです!

特に、月島家の使用人の金さん銀さんの衣装ややり取りがとっても可愛い♪

演じるのは、かしまし娘の照枝さん(金さん)と花江さん(銀さん)。

ちょっと重たいシーンが続いたときに、箸休め的に登場するキュートなお二人。
ももが気まぐれに放つ問いかけに、金さん銀さんがもめ出し、和んだところで、シリアスなシーンに切り替わるといった具合。

ふりふりのメイド姿で登場するときもあって、おばあちゃんのメイドさんが二人並ぶと、シュールでめちゃめちゃ可愛いです!
野島伸司さんのドラマって、そういうちょっと浮世離れしたキャラクターが登場しますよね。

 

歩いているシーンのときに、花江さん(銀さん)が照枝さん(金さん)の背中に手を添えてあげているのがちらっと映って、ほんとうに仲良し姉妹なんだな~とじんわりしました。

今おいくつなんだろうと思って調べたら、照枝さんが85歳、花江さんが82歳とのことです。

 

そして、お二人ともヘアがとってもステキ!
金さんはゴールドの白髪、銀さんはシルバーの白髪で、ふんわりとアップにまとめています。

個人的に、金さんのヘアスタイルがすごく気になります。

簡単にふわっとまとめているように見えるのですが、顔周りや後頭部のふくらみ、襟足のもちあがりが、非常に美しいです。白いヘアが光に透け、頭の輪郭がふわふわとぼやけて神々しい!かんざしをつけていなくても、十分にエレガントです。

着物や矢の字の帯も、こなれていてすごくカッコいい!

 

昔の映画や街中でも、このようなヘアスタイルのおばあちゃんをたまに見かけますが、どうしてこんなにさり気なく、美しいヘアスタイルがつくれるのでしょうか。
きっと、逆毛をたくさん立てて、中に毛たぼを仕込んでいるに違いないと思うのですが、実際のところはわかりません。

 

記憶にわずかにある私の祖母も、いつも頭を膨らめてアップにしていました。どうやって毎日あの頭をセットしていたんだろう。生きているときに聞いておけばよかったです。

 

総白髪になったら、ふわふわな髪質になってまとめやすくなるのでしょうか。

そういえば、美しいグレイヘアの代表ともいえる、草笛光子さんは、「刺さりそう」と言われるほどしっかりとした黒髪だったと、『草笛光子のクローゼット』に書いてあります。

 

私もしっかりとした直毛なので、将来、草笛光子さんのような美しいグレイヘアになれるのなら、はやく年をとりたいとまでは言いませんが、年をとるのが楽しみになってきました♪

 

オシャレを楽しんでいれば、年をとることはこわくないですね。
そういう意味では、着物を着ることは、絶好のアンチエイジングになるのかも!

 

↓最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。クリックで応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村